オリンパスでオススメの単焦点!25・45mmの違いと作例

オリンパスの25mmと45mmの単焦点が気になってるけど、実際どう違うのかな?

25mmと45mm、どっちを買おうか迷う…。

そんな疑問にお答えします!

発売してから年月が経っていますが、今もなお人気を誇るOLYMPUS純正の単焦点レンズが「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」と「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」の2つです。

今回はこれら2つレンズの購入を検討している方のために、25mm・45mmそれぞれのレンズの特徴、また実際に私が撮った作例などをご紹介。

「どちらを買おうか迷っている」という方のために、25mmを買うべき人・45mmを買うべき人、それぞれオススメポイントも合わせて解説します。

この記事を読めば、これら2つのレンズの特長が全てわかるはずです。ぜひ参考にしてみてください(^^)

この記事を書いた人

つな

カメラ歴13年のハイアマカメラマン(自称)。現在の愛機はFUJIFILM。
このブログでは写真のある生活をコンセプトに、撮影が上達する知識や技術、カメラ用品、サービス、撮影スポットなどを紹介しています。
さらに詳しく

目次

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8(f1.8)

まずご紹介するのは「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」です。

発売日は2014年2月と比較的年数が経っていますが、今もなおマイクロフォーサーズユーザーの中では人気のレンズです。

非常にコンパクトに作られているため、OLYMPUSのPENシリーズなど比較的小さめのカメラと相性抜群。

主な仕様

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8の主な仕様です。

発売日2014年2月28日
定価税込46,200円
カラーブラック・シルバー
レンズ構成7群9枚
焦点距離25mm
※35mm換算で50mm相当
最短撮影距離0.25m
開放F値F1.8
フィルター径46mm
最大径 x 長さ57.8 x 42 mm
質量137g
M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8の主な仕様

特長

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8の主な特長は2つです。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8の特長
  1. 人の目に近い焦点距離
  2. 軽量・コンパクト

1. 人の目に近い焦点距離

焦点距離25mmのレンズなので、35mm換算で50mmのレンズになります。

「35mm換算?何それ?」という方は以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてくださいね。

そして50mmという焦点距離は、人の目片目で見たままの距離感とほぼ同じです。

そのためカメラレンズの世界では、50mm前後の帯域のレンズを「標準レンズ」と呼びます。

スマホで写真を撮った際に「見た風景と全然違うな」と思うのは、スマホカメラの焦点距離が大体20〜30mmで作られているからです。人の目よりも広い範囲が写るということですね。

50mmのレンズだと、目で見た風景に近い写真が撮れるので「撮ったあとの違和感」が少ないのも特長ですね。

2. 軽量・コンパクト

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8の重さは137gです。

単一電池1つの重さが約130gなので、ほぼ同じ重さですね。かなり軽いです。

単一電池

大きさ的にも片手に収まるレベルです。この軽量・コンパクトさはマイクロフォーサーズならではの形だと思います。

作例

私が実際M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8で撮影した写真をご紹介します。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 (f1.8)
M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8
M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 (f1.8)
M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 (f5.0)

少しF値を上げて、ディテールを強めました。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 (f14)

さらにF14まで絞った写真。パキッとしてるのがわかると思います。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 (f1.8)

距離感的に、結婚式なんかでも活躍するレンズです。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 (f1.8)
M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 (f1.8)

ディズニーシーにて。レンズ自体が軽いので、長時間持っていても苦になりません。

夜景もバッチリ撮れますよ。

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 (f1.8)

25mm(35mm換算50mm)のレンズは屋外ではもちろん、結婚式や子どもの屋内での撮影にも向いています。
近すぎず、遠すぎず、日常のスナップ撮影に重宝する万能レンズです!

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8(f1.8)

次にご紹介するのは、OLYMPUSの「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」です。

こちらのレンズは2011年9月9日発売。なんと発売から10年以上経っています。
しかし10年経ってもいまだに人気の神レンズです。

主な仕様

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8の主な仕様です。

tbody発売日ブラック:2013年6月14日
シルバー:2011年9月9日
定価税込38,500円
カラーブラック・シルバー
レンズ構成8群9枚
焦点距離45mm
※35mm換算で90mm相当
最短撮影距離0.5m
開放F値F1.8
フィルター径37mm
最大径 x 長さ56 x 46 mm
質量116g
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8の主な仕様

特長

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8の主な特長は2つです。

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8の特長
  1. 強いボケ感
  2. 軽量・コンパクト

1. 強いボケ感

45mm(35mm換算90mm)の望遠寄りのレンズのため、ボケ感は25mmレンズより強く出すことができます。

最初は距離感を掴むのがやや難しいかもしれないですが、45mmレンズの方が一眼カメラの醍醐味である「ボケ」を活かした写真が撮りやすいです。

逆に近距離の撮影には不向きです。屋内など距離感が取れない場合は、画角が足りなくなる可能性があります。

2. 軽量・コンパクト

2つ目は25mmレンズと同じ特長なのですが…(^^;)やはり圧倒的に軽量かつコンパクトです。

レンズの重さはなんと116g。先ほどの25mmレンズより軽いです。

大きさ的にもかなり小さく、余裕でポッケに入ります。

この焦点距離でこの軽さのレンズはなかなかありません。これもまたマイクロフォーサーズならではできるレンズ設計ですね。

作例

私が実際M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8で撮影した写真をご紹介します。

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8(f1.8.)
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8(f3.2)

玉ボケがよく出ますね。f3.2で少し絞ってます。

前ボケなんかも取り入れると面白いですよ。

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8(f2.5)
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8(f1.8)

暗い場所でもキレイに写ります。

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8(f1.8)

背景の選び方で玉ボケを幻想的に出すことができます。

M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8(f1.8)
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8(f1.8)
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8(f8.0)

もちろん絞るとパキッとした風景も撮れます。

45mm(35mm換算90mm)のレンズは万能レンズというより「ボケを最大限活かした写真」がかなり得意です。

開放F値でカメラを構えてシャッターを押すだけでボケます。一眼の醍醐味を存分に味わえるレンズでしょう。

created by Rinker
オリンパス
¥28,000 (2024/05/20 13:41:27時点 Amazon調べ-詳細)

どっちのレンズがオススメ?

2つのレンズの比較です。

M.ZUIKO DIGITAL
25mm F1.8
M.ZUIKO DIGITAL
45mm F1.8
発売日2014年2月28日ブラック:2013年6月14日
シルバー:2011年9月9日
定価税込46,200円税込38,500円
カラーブラック・シルバーブラック・シルバー
レンズ構成7群9枚8群9枚
焦点距離25mm
※35mm換算で50mm相当
45mm
※35mm換算で90mm相当
最短撮影距離0.25m0.5m
開放F値F1.8F1.8
フィルター径46mm37mm
最大径 x 長さ57.8 x 42 mm56 x 46 mm
質量137g116g
M.ZUIKO DIGITAL 25mm・45mm比較

実際2つのレンズを使ってみた中で、どちらか一つレンズを選ぶ際のアドバイスも下記にまとめました。
ぜひ参考にしてみてください。

25mmレンズがオススメな人
  • 子どもの撮影をしたい
  • 結婚式で使いたい
  • 料理やカフェでの撮影をしたい
  • 出かける際に気軽にスナップを撮りたい
45mmレンズがオススメな人
  • ボケを活かしたポートレートを撮りたい
  • 作品としての写真を撮りたい
  • 幻想的な写真を撮りたい
  • 望遠レンズを持っていない

一言でいうと、25mmレンズは「記録・思い出」45mmレンズは「作品」のに近いイメージの写真になります。

もちろん撮り方次第ですが、レンズを選ぶ際の判断基準にしてみてください。
どっちも手に入れることができればなにも迷うことはありませんが…笑

そしてどっちかを購入したら、結局もう片方も欲しくなっちゃうんですよね。

レンズ沼の恐ろしたるや…(^^;)

created by Rinker
オリンパス
¥28,000 (2024/05/20 13:41:27時点 Amazon調べ-詳細)

合わせて買いたいアクセサリー

どちらもレンズフードは別売になります。

レンズフードは太陽光による映り込みを軽減してくれるのはもちろん、不意の衝撃からレンズを守ってくれる役割があります。
あとつけてる方が見た目のバランスが良いですね。

25mm用のレンズフードはこちら

created by Rinker
OM SYSTEM/オリンパス
¥600 (2024/05/20 13:41:28時点 Amazon調べ-詳細)

45mm用のレンズフードはこちら

created by Rinker
OM SYSTEM/オリンパス
¥2,530 (2024/05/20 13:41:29時点 Amazon調べ-詳細)

またプロテクターの径もそれぞれ異なるので注意してください。

25mm用レンズプロテクターはこちら(径46mm)

created by Rinker
ケンコー(Kenko)
¥1,221 (2024/05/20 14:10:55時点 Amazon調べ-詳細)

45mm用レンズプロテクターはこちら(径37mm)

created by Rinker
ケンコー(Kenko)
¥1,151 (2024/05/20 13:41:30時点 Amazon調べ-詳細)
シェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次