初心者必見!カメラを買ったら揃えるべきモノ

カメラを買ったけど「これだけは一緒に揃えた方が良い」ってものはあるのかな?みんなはどんなグッズを持っているんだろう?

カメラは本体とレンズさえ買ってしまえば、写真を撮ることはできます。
しかしそれだけで「さぁカメラライフの始まりだ!!」というのはちょっと待ってください。

カメラやる上でこれだけは絶対に揃えておくべきというモノがあります。それはカメラライフをおくる上での必需品です。
今回はそんなカメラグッズを厳選してご紹介します。

カメラを買ったばかりの方や、これから買おうと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を書いた人

つな

カメラ歴13年のハイアマカメラマン(自称)。現在の愛機はFUJIFILM。
このブログでは写真のある生活をコンセプトに、撮影が上達する知識や技術、カメラ用品、サービス、撮影スポットなどを紹介しています。
さらに詳しく

目次

初心者が最低限揃えておくべきカメラグッズ

結論から言うと、カメラを買ったら最低限揃えるべきモノは以下の4つです。

最低限揃えておくべきカメラグッズ

  1. SDカード
  2. レンズプロテクター
  3. 清掃グッズ
  4. ストラップ

「これくらいはわかるよ」という方も、実際に私が選んだオススメ商品を掲載していますので、購入の際参考にしていただければと思います。

①SDカード

当たり前ですが、SDカードは必須of必須です。なければ撮った写真が保存できません(^^;)

悩みどころなのが「容量」だと思いますが、個人的にオススメ容量は以下の通りです。

SDカードのオススメ容量

  • 用途がほとんど写真の場合…32GB または 64GB
  • 動画もたくさん撮りたい場合…128GB

大きい容量を買うに越したことはないのですが、当然その分値段も上がります。最高でも128GBもあれば一度の撮影で容量が足りなくなるということはほぼ絶対ないです。

私自身は普段32GBでRAW撮影していますが、一度の撮影で「容量が足りない」となったことはないですね。

オススメのSDカード

SDカードはネットで買う方が断然安いです。特にAmazonで安く売られています。

容量・機能性・価格を含めると「SanDisk」や「Transcend」というメーカーのものがコスパ抜群です。私もこの2つのメーカーを使っています。  

容量が大きい方が1Gあたりのコスパは良いです。

しかしひとつアドバイスとしてSDカードも機械なので突然壊れることもあります。ですので大きい容量のカードを一つ買うよりも、32GBくらいのものを2つ買ったほうが万が一のとき安心ですね。

SDカードの表面には容量を示す「●●GB」の他に「●●MB/s」という数字が書いています。これは転送速度です。
シャッターを切った直後にSDカードへ保存する際にかかる時間や、PCへの取り込み速度を表しています。実際100MB/sもあれば十分です。

また、連写をしなければ特に数字は気にすることはありません。

②レンズプロテクター

揃えておくべきグッズ2つ目は「レンズプロテクター」です。

レンズプロテクターはその名の通り、レンズを保護してくれる保護フィルターです。カメラのレンズに一枚ガラスを被せることになります。

私は新しいレンズを使用するとき、これがないとヒヤヒヤしてレンズを外に持ち出せない病にかかっています。それくらい必需品です。

というのも一眼カメラのレンズは出っ張っているので、持ち歩いているときにぶつける危険性が高いんですよね。ガラスから「パリーン」と割れた日にはもう寝込みます。

そんな衝撃や、キズや汚れから守ってくれるのがレンズプロテクターです。

オススメのレンズプロテクター

レンズプロテクターはレンズにもう一枚ガラスを被せることになります。ガラスを被せるということは、視野が少なからず悪くなるということです。
そのため、ほとんどのレンズプロテクターはガラスによる反射が写り込まないように特殊なコーティングを施しています。

反射率だったり、水のはじきやすさや指紋の付きにくさなどで価格も変わってきます。そしてよくわからないメーカーの低価格なものは「ただのガラス」の可能性が高いです。

そんな中でレンズプロテクターの王道といわれるメーカーは「HAKUBA」か「Kenko」です
私もこの2種類のメーカーしか使っていません。

使用頻度の高いレンズはちょっと良いものを、たまに使うくらいのレンズは少し安めのものを付けています。

created by Rinker
ハクバ
¥1,100 (2024/05/21 03:09:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ケンコー(Kenko)
¥1,221 (2024/05/20 08:21:59時点 Amazon調べ-詳細)

撥水、防汚などの機能が付いたちょっと良いものもあります↓

レンズプロテクターは必ずレンズに合った大きさのものを購入してください。
レンズ本体に「φ」という記号がかかれていると思いますが、これが大きさです。

③清掃グッズ(レンズクロス・レンズペン・ブロワー)

3つ目はカメラ・レンズのメンテナンスグッズです。特にレンズはガラス面に指紋や汚れが付くと、それだけで写真の写りが悪くなります。

レンズを傷つけずに汚れを拭き取れるクロスや、払えるブラシなどがあると便利です。メガネを持ってる方はメガネ拭きでもクロスの代用ができます。

「ブロワー」は空気でゴミを飛ばすものです。主にカメラのセンサーやレンズ裏面にチリなどが付着してしまった際に使います。ちなみにこのようなチリはレンズ交換の際に混入しやすいです。

センサーやレンズの裏側はカメラの中で一番繊細な部分なので、あまり触れないように空気で飛ばして掃除してあげましょう。

オススメの清掃グッズ

カメラ・レンズの清掃グッズは単品で買うより、セットで買ったほうがお得です。
最初は以下のようなクリーニングキットを一つ持ってると安心ですね。

created by Rinker
ハクバ
¥2,124 (2024/05/20 08:22:01時点 Amazon調べ-詳細)

④ストラップ

ストラップはカメラを買った際についてくることが多いですが、だいたいメーカーのロゴが入っていてちょっとダサいものが多いですよね。

せっかくなら自分好みのストラップつけて撮影したいものです。

オススメのストラップ

とりあえず「安くて見た目もオシャレで機能性も良いやつ」であれば以下のストラップがコスパ抜群です。

見た目もさながら、ストラップの幅も広いので食い込みが少なく、首や肩が痛くなりにくいのもGOOD。

ちなみに私が主に使っているのは「PeakDesign(ピークデザイン)」というメーカーのストラップです。

ストラップの長さ調節とカメラ本体からの着脱が一瞬でできるのが便利で、一度使うともうほかのストラップには戻れないですね。

created by Rinker
ピークデザイン
¥10,230 (2024/05/20 08:22:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ピークデザイン
¥11,880 (2024/05/20 08:22:04時点 Amazon調べ-詳細)

上記の通り、PeakDesignのストラップには大きく分けて「リーシュ」「スライドライト」「スライド」という名前のついた3種類のものがあります。使い分けは以下の通りです。

  • リーシュ(細め)…デジカメ、小さめの一眼カメラ向け
  • スライドライト(中くらい)…標準の一眼カメラ向け
  • スライド(太い)…フルサイズカメラ向け 

PeakDesignの商品はやや高額なので、ちょっと手を出しにくいですが…(^^;)

まとめ

今回ご紹介したカメラグッズはカメラを購入したら最低限揃えておくべきモノです。

カメラをやっていく中で、さらにいろんなグッズが欲しくなると思います。
そして、気づいたら使わないものばっかりになったりします。笑

ですが、その時にようやく自分の撮影スタイルがわかってくるはずです!

ここで紹介したものに限らず「いいな〜」と思うものは積極的に取り入れて良いカメラライフを送ってくださいね(^^)

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次